どーも!koyaです。


香川県に浮かぶ、「直島」へ行ってきました。


私は、今回の直島の訪問が2回目。

その時では、直島の宮之浦港周辺を観光したのだが、


今回は特別。


実は、台湾からの友達と一緒に行くことに!?


この話は、どっかの雑談記事で話すとして、早速、レポートしていきたいと思います!


それでは、行ってみましょう!




~まずは、岡山駅で集合。~


今回は、岡山駅で待ち合わせ。

海外からの友達は、多少の遅れがあるものの、無事、岡山駅に到着し、合流。

次へ向かう目的地がギリギリだったので、すぐさま出発。

移動時間中に自己紹介を行いました。



~YOUは、何故ここへ?~


簡単な自己紹介をしたあとに私は、まず、この質問をした。

何故、岡山へ来たのか。

早速、聞いてみた。


すると、台湾からの友達の彼は、「直島にある、「地中美術館」を訪日してから、どーしても行きたかったので、岡山を経由して、直島へ行くことにしたんです。」と話した。



地中美術館とは、香川県直島町にある、公益財団法人福武財団が運営・管理を行っている美術館で、近年、海外メディアで地中美術館などの「アートの島」として特集を組むことがあり、訪日外国人旅行者が急増している観光スポットだ。


地中美術館のHP→


宇野港に到着後、昼食に玉野名物の「温玉めし」を食べました。


P1040495



そして、直島へ向かった。





~島の写真をザザッと。~


今回は、α77とLUMIX G7などのカメラを持参。

流石に、大荷物になってしましって、帰宅したとには、肩が痛かったですが、

とても綺麗な写真を撮る事が出来ました。


写真は、その直島に行った際の写真です。


P1040579

P1040555

P1040559

P1040600

P1040596

P1040544


P1040621





〜koyaの今回の旅のまとめ!〜

 P1040502


今回は、地中美術館ベネッセハウス・ミュージアム周辺へ行って来ましたが、とても満足した直島の旅でした。


宇野港へ帰る前、友達の知り合いの携帯電話がなくすパフニングが起きましたが、現地のスタッフとの協力で、無事、発見。


携帯電話を見つけて、一安心しました。


でも、台湾出身の友達が十分楽しんで、直島へ巡る事が出来て、本当に良かったです(^○^)



では!See you!



Twitterをやっています。⇒@koyap log