どーも!koyaです。


 今月2日の日曜日。

 平日の通勤中、バスの中で、折りたたみの傘を置き忘れて、

 最寄りのバスの営業所へ行ったんですが、

 まさかのお休み…。


 やることがなく、どうしようかなぁ~……。 考えていたら!

 「そーいや、瀬戸内国際芸術祭があるし、宇野港から直島行きフェリー出ている!  そうだ、直島へ行こう。


 と言う訳で、今回は、宇野港から出航している直島行きの船に乗って、

 「弾丸日帰り直島の旅」をやって行こうと思います!




 それでは!行ってみましょう!



 〜宇野港から直島の宮浦港までは、カーフェリーで片道20分。

 P1020517

 

 早速、直島の宮浦港行きの乗車券を購入するため、乗り場へ。


 ちなみに、宇野港から直島の宮浦港までの旅客運賃は、片道290円。

 決して高くない運賃。

 往復乗車券を購入すると、540円。


 乗船時間は、およそ20分。


 短い乗船時間だ。





 〜直島の宮浦港に到着!


 私が乗船した時間は、14時25分。

 今のこの時期、日の入りが早い滞在時間は、長くても2時間。


 この短い滞在時間で、瀬戸芸の作品をいくつ回れるのか……。 笑


 でも、これも弾丸日帰り旅の楽しみであろう。


 早速、宮浦港に着いたら、あるオブジェが出迎えた。


 P1020384


 「赤いカボチャ


 このオブジェ見たら、「瀬戸芸に来たら、まずは、この作品を見ろ!」

 と感じるとても魅力が深いオブジェです。


 他には、宮浦港周辺には、いろんな作品があったので、

 是非、見てください。

  P1020430

 P1020438

 P1020449

  


 

 〜今回、弾丸日帰り直島の旅で使用した写真のほとんどは、「LUMIX G7」。


 たまたま、小さい秋を撮影するために持ってきた、「LUMIX G7」。

 いろんな角度からの撮影するには、本当に重宝しました。


 これから秋の原風景を撮影する時には、このカメラは、欠かせないです。

 ただ、先月末頃にこのカメラの最新モデルのLUMIX G8。


 スペックとしては、G7より多少のグレードアップしただけで、あまり変化が少ないようです。


 もし、G7 or G8の購入に悩んでいる方は、G7を買っていいのではないでしょうか?


 G8と同様に4K動画が撮れます。



 言い忘れましたが、今回の使用レンズは、14-140mmの標準レンズを使いました。




 〜結果、短い滞在時間でも、港周辺で十分楽しめる!


 結論で言うと、今回の「弾丸日帰り直島の旅」は、

 「短い滞在時間でも、港周辺で十分楽しめる!」です。


 宇野港から宮浦港までの乗船時間が短く、港周辺には、多くの作品を展示されているので、かなり十分楽しめる。


 あと、港周辺にセルフうどん店や食堂。

 コンビニや診療所。

 レンタルサイクルにレンタルバイクを借りれるお店やカフェなどがあるので、

 短い距離でいろんなところがあるので、とても重宝します。


 さらには、宿泊施設が何軒かあり、宮浦港から多少距離がありますが、

 地中美術館で有名なベネッセハウスがあるので、是非一度、芸術の島「直島

へ行ってみてはいかがでしょうか?



 〜koyaさんの今回のまとめ!


 今回は、弾丸で直島へ行ってきたのですが、

 宇野港からとても近く、アートの島を身近に行くことが出来て良かったです。


 紹介されなかった写真については、私が運営している「写真」をメインにしているブログで公開するので、良かったら、覗いて見てください。


今度は、県外の友達を呼んで、直島へもう一度行ってみようかなぁ〜……!




 では! See you!



 Twitterをやっています!⇒@koyap log