こんにちは・こんばんは。koyaです。

 本日は体験レポートのラスト「体験レポート②」になります。
 体験レポート②では、実際に撮影した写真を交えながらHome Hostel Osakaについてを紹介しつつ、最後辺りには本音の感想をお伝えしようと思います。








 ~Home Hostel Osakaの外観

 P1040196


 Home Hostel Osakaは、大阪・ミナミの観光スポット「通天閣」から徒歩2~3分に歩いたところにあります。
 建物自体が3階建てになりまして、とても新築ほやほやです。
 1階がHome hostel Osakaの受付になりますが、隣の飲食店では夜10時まで営業しており、軽くですがお酒や珈琲などを頂ける「カフェ&バー」になります。

 撮影し忘れていましたが、Home Hostel Osaka の奥側に宿泊者同士で交流出来るフロアを備えており、その向かい側に宿泊者の方々限定で使える無料キッチンがあります。
 無料キッチンの奥側にあるのが各宿泊者が利用する部屋がある階に移動する為のエレベーターがあります。








 ~実際の寝室について

  P1040346

 私が宿泊した部屋の名前が「欅(けやき)」というドリトミーがあるお部屋になります。
 チェックインする際にはこの部屋の暗証番号を教えてくれるので、セキュリティ面で評価が高いです。

 実際に私が宿泊したベットがこちらになります。

 P1040337

 ベットは2階建てベットになりまして、私は入口からめちゃ近いところにありました。
 荷物を置くところが十分確保されておりまして、ハンガーが2つ常備されていますし、

  P1040339
 

 USB充電が出来る端子とコンセントが備え付けております。


 P1040340

 P1040345

 
 コンセントの上側にはこのホテルの注意事項(ルール)というものが貼り付けており、
 日本語・英語に対応しております。


 P1040342

 この注意事項に描かれているイラストがユニークでとても分かりやすくてGoodです!( ・∀・ )












 ~宿泊者の方々が使える設備について

 建物自体がとても新しく整備されているので、トイレがめちゃくちゃ綺麗です。
 
 P1040348
 
 P1040349

 P1040350

 P1040351

 綺麗に維持する為には、この建物を管理するスタッフさんの見えない努力の結晶。
 本当にお疲れ様です。m(__)m

 この男性用トイレの向かい側にシャワールームが完備されていまして、ここも素晴らしい!
 きっちりと綺麗されており、荷物を置くところと体を洗うところがしっかりと分けられていていいですね!

  P1040353

 
 P1040354

 シャワールームの向かい側にドライヤーがあるブースがあります。
 ブースにはドライヤーが2つ常備されていますが、常にコンセントにさしっぱなしではなく、コンセントに刺さっていない状態で置かれております。

 P1040363
  
 ドライヤーがあるブースに行く手前とシャワールームのところにもですが、日本語・英語・中国語・韓国語表記の案内カード(?)がありました。
 これは外国人旅行客にとても優しいポイントですね!

 P1040356

 P1040365




 ~詳しいHome Hostel Osakaについてを紹介している動画
 
 私が撮影したのがほんの一部分ですが、これより詳しく分かりやすく解説している動画がYouTube上で公開されています。
 
 この動画には、撮影出来なかった無料キッチンや交流フロアのについてなども紹介しておりますので、もしお時間などがありましたら、それも合わせてご覧下さい。
 ホテルに決める時にとても参考になりました。 笑


 
 動画元:ケニチ









 ~koyaの実際に泊まってみてのガチ感想

 今回「ホステル(ゲストハウス)」という宿泊施設を2泊3日で泊まりましたが、とても気に入りました。
 特に一番素晴らしかったところは宿泊者の方々との交流です。
 私が泊まった時期が日本人の宿泊客の割合が多かったのですが、台湾やシンガポール。 欧米や欧州の方々と交流することが出来ました。
 私がこれまで宿泊したホテルっていうのは、それぞれの部屋に入りプライバシーが確保された空間で泊ることが多かったのですが、こういったところでの宿泊はとても新鮮でした。
 ただ普通のホテルに宿泊された方々が急にこういったホステル(ゲストハウス)に泊まるとなると、難易度が一気に上がるかと思います。
 体験レポート①で説明した通り、普通のホテルと比べて異なる点が多いからです。

 しかし値段がかなり手頃ですし、ホステル(ゲストハウス)なわでわのイベントも用意されていて、もしかしたら、ホテルの外側以上に大きな思い出を残すことが出来るのではないでしょうか。
 動画上に登場した「くまさん」というホームホステル大阪の支配人で私が1日目の晩に帰った時に30分ぐらいだったのでしょうか。お話することが出来ました。
 (←ちょこっとですがケニチさんの動画に出ています。 笑 )

 実はこのようなしっかりとしたホステル(ゲストハウス)というのはなかなか少ないらしく、現在日本各地にあるホステル(ゲストハウス)では市販の2階建てベットを配置して設備などは色々と組み込んだだけのホステルもあるんだそうです。 最近のホステル(ゲストハウス)の状況では。

 でも私的にはこういった宿泊施設の利用機会がドンドンと増えますし、インバウンド(訪日観光客)の方々の宿泊の選択肢が多くあることがとてもいいことではないでしょうか。

 最近では日本のホテル不足も深刻的になっていますし...、2020年の東京オリンピックを大成功する為には、こういった宿泊業界のニーズもキャッチしなければならないからです。









 ~koyaの今回のまとめ!

 今回は2回に分けてお伝えしましたが、ご参考に頂きましたでしょうか?
 このような宿泊施設に泊まるのに少し抵抗があるかと思います。
 「英語が喋れないけれど、大丈夫かな....。」
 「全く知らない方々と泊まるのに少々抵抗がある...。」
 「ホステル(ゲストハウス)がイマイチよく分かんない...。」
 「ホステル(ゲストハウス)って普通のホテルと何が違うの??」

 などなどと様々な不安があります。

 でも一度ホステル(ゲストハウス)に泊まると大体ホステル(ゲストハウス)事がよく分かる事が多いです。
 ネットの紹介文で言っていない細かい部分や気付きもあるかと思います。

 正直、このホステル(ゲストハウス)に泊まりに行きたいです。
 こんなに素直で「泊まりき行きたい。」という気持ちになったのは人生初です。
 本当に素晴らしいホステルでした。('ω')
 また泊まりに行きます。 次の関西へ旅行に行く機会の時に。

 今回お世話になった「Home Hostel Osaka」さんの公式HPや各種SNSについては下記のリンクから飛べますので、一度覗いて頂ければ幸いです。

 Home Hostel Osaka official HP ⇒ https://www.homehostel.jp/osaka/
 Home Hostel Osaka 公式Twitter ⇒ @homehostelosaka
 Home Hostel Osaka 公式FBページ⇒https://www.facebook.com/homehostelosaka/
 Home Hostel Osaka 公式Instagram⇒@homehostelosaka
 
 
 では私からのHome Hostel Osakaの体験レポートは以上になります。
 Home Hostel Osakaのスタッフの方々、本当にありがとうございました。
 心から感謝申し上げます。 


 最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。m(__)m

 では!See you!