こんにちは・こんばんは。koyaです。

 2017年10月8・9・10日の2泊3日。
 Home Hostel Osakaを利用しました。

 これまで私は、パークオフィシャルホテル・ホテル・ビジネスホテル・カプセルホテルなどを宿泊してきましたが、ホステル(ゲストハウス)の利用が人生初めて。

 今回は私なりですが「初めてのホステル(ゲストハウス)体験」と題して、体験レポートなどを合計2回でお伝えしていこうと思います。

 本日はホステル(ゲストハウス)基礎の「」についてお伝えしようと思います。








 ~ホステルゲストハウス)って、一体なんぞや?

 hotel_uketuke20150220213638_TP_V


 今回お世話になった「Home Hostel Osaka」は、2017年4月に開業したばかりの新しいホステルゲストハウス)です。

 Home Hostel Osakaさんの紹介する前に「ホステルゲストハウス」とは一体何なのかをご説明します。


 ホステルとは「ゲストハウス」とも言われる事もあるそうですが、
 ホステルとゲストハウスの「定義」っていうものがなかなか難しい事。

 簡単に説明すると、
 ①日本の旅館営業の許可書を取得済みのところ
 ②安心かつ安全で快適で清潔なお宿を運営していること。
 ③(ここ重要!⇒)客室にドリトリー(相部屋)があること。又は1泊3500円以下で宿泊出来るお部屋が用意されている事。
 ④(ここ重要!⇒共有スペースやフリースペースで様々な訪日外国人観光客やバックパッカーとの交流や会話が出来る
 ⑤(ここ重要!⇒日本語・英語のみからず、韓国語・中国語・ドイツ語・フランス語・ロシア語などの様々な国々の言語に対応したスタッフが常駐していること。



 だそうです。



 こう言ったホステル(ゲストハウス)の開設の動きというものは、とても勇ましく伸びている宿泊施設でもあります。

 ネットで「岡山 ホステル」と検索したら、岡山市内や玉野市内。 倉敷市内もそう言ったホステル(ゲストハウス)があるそうです。 一度は行ってみたいところです。







 ~それぞれのホテルの違いって?

 building_hotel_pet


 私はこれまでにカプセルホテルやビジネスホテル。
 地方にあるホテルや大都会にあるホテルやUSJのパークオフィシャルホテルを泊まった経験が沢山あるので、今回のホステル(ゲストハウス)との違いがよく分かります。

 まずはそれぞれのホテルの良さと悪さの違いから。


 【普通のホテルの良さ悪さ
 ・やたらと部屋が狭い。
 ・ホテルによって品質が異なる。
 ・駅が近い所や駅直結。大きなバスターミナルからほど近いところにホテルがあったりする。
 ・無線 , 有線LANが使える。
 ・部屋専用のテレビが使える。
 ・朝食代が無償のところもある。

 【パークオフィシャルホテルの良さ悪さ
 ・宿泊代金がめちゃ高すぎる。
 ・駅からアクセスが頗る悪い。
 ・部屋自体が普通のホテル並み...。
 ・朝食がとても美味しいけれど、朝食代がめちゃ高い...。
 ・パークのすぐ近くにある。
 ・パークオフィシャルなわではのサービスや優遇が受けやすい。
 ・フロントスタッフが24時間常駐。

 【カプセルホテルの良さ悪さ
 ・基本男性専用カプセルホテルが一般的。
 ・サウナや大浴場がある。
 ・部屋がカプセルなので、寝室空間が狭い。
 ・テレビが小さい。もしくはない。
 ・コンセントが一切ないことも...。
 ・カプセルホテル自体が古臭い...。
 ・1泊辺りの宿泊代金がリーズナブル。


 今回例を挙げた3種類のホテルの良さと悪さがお分かりかと思いますが、とてもバラツキがあってまとまりがありませんよね...。

 だから個人旅行する際のホテル選びってかなりの時間を要することがあるんですよね。
 これがこれまでの一般的なホテルの良さと悪さになります。


 さて肝心のホステル(ゲストハウス)の良さと悪さですが、ご覧の通りです。



 【ホステル(ゲストハウス)の良さ悪さ
 ・基本的にカプセルホテルのようで違う。
 ・訪日外国人旅行客の利用が多い。
 ・スタッフが他の国の言語で対応することが多い。
 ・外国人スタッフもいる。
 ・基本的にサウナや大浴場がない。
 ・朝御飯がない代わりに宿泊者の方々が自由に使える「共有キッチン」がある。
 ・シャワーオンリー。
 ・有線LANがない。
 ・テレビもない。
 ・無線LANが充実かつ快適。
 ・観光地から多少離れていたり、近かったりする。
 ・ゲストハウスと間違いられることもある。
 ・日本人の利用者が多い時と少ない時もある。
 ・ホステル内のイベントが充実。
 ・海外の方々と交流することも出来る。
 ・館内ルールが普通のホテルよりホステルの方が厳しい。
 ・宿泊代が他のホテルよりも割安で設定されている。


 翌々考えば、とても良さそうでデメリット部分が若干多いものの、逆に海外の方々と交流出来るメリットも多めですよね。




 ~koyaの今日のまとめ!

 homestay_BandB_minpaku_asia


 近年増加傾向にある宿泊施設。
 最近のキーワードとして民泊」「ゲストハウス」「Airbnbなどの新鮮なキーワードをよく聞きます。
 私の旅費の大半が宿泊費です。
 しかし、普通のホテルに泊ってもつまらないですし、カプセルホテルに泊っても部屋が狭すぎて他人とのプライバシーが心配。
 ただ今回初めて利用したホステル(ゲストハウス)は、旅行好きの方々旅をしながら仕事をする自営業の方々。 世界各国に旅を続けているバックパッカーとしてはとても面白くて魅力ある宿泊施設ではないでしょうか。

 皆様も是非一度、そういった宿泊施設を使ってみてもいかがでしょうか。

 次回は、「Home hostel Osaka」さんの外観や私が宿泊した部屋の一部分などをご紹介します。


 では!See you!